スポンサーサイト

  • 2015.03.30 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    メディアコミュニティ2.0

    • 2012.03.09 Friday
    • 20:09


    yahoo!が運営している?「復興デパート」の津田鮮魚店のCMですが、本当に素晴らしいと思う。
    撮り方、編集、2分弱で収められた映像。
    映像を使った6次産業や、インバウンド、地方再生・復興などを考えた時に、明らかに足りていないのは、作り手の人材不足。
    けど映像による情報システムの構築は凄い可能性を持っている。

    これだけパソコンとデジカメが普及しているなら、「写真を何枚か送ってください。あとは編集とテロップ入れ、音付け、納品はこちらでやります」という時代に入っていると思う。
    インタビューだって必要であれば、スカイプなどのテレビ電話などでして録音・録画する。
    これがメディアコミュニケーション2.0なのではないかと思う。

    長年テレビ業界にいて感じるのは、本当に時代遅れ。
    未だに報道は、新聞や雑誌などの情報やネタを元にして番組を構成し、その番組の構成にあった取材をし、お茶の間に届ける。
    余談だけど給与だって、局から制作会社に入ってから自分の懐に入るという、2重システム。
    制作会社はただ人材を派遣しているだけで何もしてないのに勝手にお金が入るという凄い構造。
    だから、制作会社の人間と局の人間の給与は月とスッポン。
     
    また、これだけカメラも高画質のものが安く手に入って、パソコンで編集できるようになって、未だに製作者の作業効率は変わらなく、変わっているのは、カメラマンや編集マンなどの技術者のリストラ。おかしい業界です。

    映像がいま求められている可能性。
     
    様々あると思いますが、自分が大事だと思っている「3つのC」
    Community(地域社会), Continous(継続的), Cloud(クラウド的な情報システムの構築)を高めていきたいです。

    スポンサーサイト

    • 2015.03.30 Monday
    • 20:09
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      selected entries

      recent comment

      recent trackback

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM